[事業コード] 191188
外国人社員の税務・社会保険・在留資格・労務管理の留意点

開催日時・会場

2019年07月12日(金曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事・経理・国際部門他

講 師

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 国際事業本部
  ビジネスコンサルティング部 チーフコンサルタント 税理士  藤井 恵氏

プログラム

 開催にあたって

   近年増えてきている外国人社員の税務・社会保険・在留資格・労務管理の留意点について基礎からご説明します。これから外国人社員を採用したい企業、すでに採用しているが課題を抱えている企業の管理部門のご担当者様向けにお勧めしたい内容です。2019年時点の最新情報を織り込んでご説明させていただきます。

 プログラム

【1】外国人社員の社会保険・税務・労務・在留資格
    1.外国人の採用
            (1)全般
                ・日本人と外国人の雇用管理上の違い
                ・外国人の採用形態、採用方法
            (2)在留資格
                ・在留資格の種類とその特徴
                     (特に「技術・人文知識・国際」「企業内転勤」「高度専門職」「留学生」「短期滞在」)
                ・在留資格とビザの違い、在留カードとは
                ・海外にいる外国人を採用する際の在留資格に関する手続き
                ・国内にいる外国人を採用する際の在留資格に関する手続き
                ・海外にいる母親を呼び寄せたいという依頼があった場合
                ・留学生を新卒採用する際の手続き
                ・日本人と結婚している外国人を採用した場合、離婚した場合の取扱い
                ・配置転換する場合の留意点
                ・外国人を単純労働者として勤務させることができる在留資格
                ・再入国許可、みなし再入国許可とは
            (3)入社に際しての手続き、市区町村での手続き
                ・住民税とマイナンバー登録
                ・外国人を採用する際の手続き一覧
                ・外国人と雇用契約を締結、就業規則を説明する際の留意点
            (4)社会保険
                ・外国人の海外に居住する家族を扶養家族にする場合
                ・国外に居住する家族が使った医療費を健康保険で賄う場合
            (5)税務
                ・居住者、非居住者の判定方法と在留資格の種類や期間
                ・外国人社員の国外にいる扶養家族の税務上の取扱い
                ・海外で発生した医療費を医療費控除の対象にする場合
                ・外国人社員に確定申告が必要になる場合(海外不動産の譲渡、株式の譲渡等)

    2.海外からの駐在員・出向者としての受入れ
          ・給与全額または一部が海外から支払われている場合の日本の社会保険
          ・日本払い給与がない場合の最低賃金の考え方
          ・社会保障協定発効国からの駐在員に関する手続き
          ・出向者の福利厚生にかかる税務
                (住居費、家財、一時帰国費用、家族呼び寄せ費用、会社が負担した所得税等、
                   その他経済的利益の取扱い)
          ・海外の社会保険料が日本の所得控除の対象になるケース
          ・字海外から受け取る給与の税務上の取扱い、外貨払い給与の換算方法

    3.退職時の取扱い
          ・会社側が交付すべき書類(日本人の退職者には必要ない手続き等)
          ・退職を機に日本を去る外国人の住民税の取扱い
          ・厚生年金の脱退一時金請求方法・受給額の計算方法及びその際の税務上の取扱い
          ・退職した外国人の在留資格の取扱い
          ・年の途中で日本を離れる外国人の税務上の取扱い
          ・退職後の外国人の失業給付の受け取り可否
          ・退職に当たり行政手続き以外で会社が行うべきこと

    4.その他
          ・1年未満の短期PJでの受け入れの際の在留資格、社会保険、税務
          ・留学生をアルバイト雇用する際に必要となる手続きと留意点
          ・アルバイト所得が免税になる場合
          ・国内にいる外国人と業務委託する場合の留意点

【外国人実習生の受入れ】
    ・受入れに際して必ず知っておきたいこと
    ・受入れ形態の検討(団体管理型、企業単独型それぞれのメリット・デメリット)
    ・受入れ人材の検討及び決定、・配属までの準備事項、・外国人実習生の税務、・外国人実習生の社会保険
    ・外国人実習生の給与、・実習実施上の留意点、実習生にまつわるトラブル 等

※副教材として、講師著「すっきりわかる!海外赴任・出張・外国人労働者雇用
                                         ~税務と社会保険・異文化マネジメントの知識~」(2019年)税務研究会を当日配布

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:36,720円(本体 34,000円)/一般:39,960円(本体 37,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野 TEL 03-5215-3511(代表 )

セミナー申込