[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 191226
基本から学ぶ
成果を出すための「現場カイゼンの進め方」

開催日時・会場

2019年07月09日(火曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

  ※都合により開催中止となりました。

受講対象

生産・研究開発部門他

講 師

コンサルビューション 株式会社 パートナー コンサルタント  瀬良 昌宏氏

プログラム

 開催にあたって

   国内における中堅・中小製造業は人出不足、人口減や国内の納品先のメーカーの海外生産の加速による国内市場の縮小等、厳しい状況が続いています。
   一方で、製造業に大きな影響を与える完成車メーカーも100年に一度の変革期を迎え、EV化をはじめとするCASEへの対応等に経営資源を集中するとともに、他業種との連携強化のため戦略的提携をグローバルに推し進め、従来の系列も中期的には無くなっていくのでは、と懸念をされています。
   国内の中堅・中小製造業も、従来のように納品先のメーカーからの要請に受動的に対応するだけでなく、未曽有の経営環境の変化を前向きにとらえ、自社の足元の競争力を更に高めるべく、既存の事業構造の見直し・強化する必要性が出てきております。
   本セミナーでは中堅・中小製造業を中心に、足元の強化を通じて今後の環境変化への対応を図る事を念頭に置き、現場力強化のためのセミナーをご用意いたしました。数多くの中堅・中小製造業様のご参加をお待ちしております。

 プログラム

1.カイゼンとは何か、その必要性
         企業を取り巻く環境の変化とカイゼン、「固有技術」と「管理技術としてのカイゼン」
         仕事とは『作業・業務+カイゼン』、継続的カイゼンの重要性

2.カイゼンの目的と推進のポイント
         カイゼンのフレームワーク、カイゼンの二つのネライ(効率向上、CS向上)、
         利益増大の方策を理解する、良くある失敗…人の面、取組み方の面

3.カイゼンの推進方策
         作業改善と設備改善、改善は「見える化」×「流れ化」、
         カイゼンを作業分解法で進める、QCストーリーを理解する

4.改善課題の発見法と原因の突き止め方
         問題意識の高め方、現場観察の極意、ムダ取りチェックリスト、三直三現主義、ナゼナゼを5回、
         トヨタの7つのムダ、原因追求のコツ

5.カイゼンはアイデアだ
         ECRS法、ブレーンストーミング、チェックリスト法

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:39,960円(本体 37,000円)/一般:43,200円(本体 40,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野 TEL 03-5215-3511(代表 )