[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 191174
中国における会計・税務
~中国ビジネスを行うに際しては、会計、税務制度の理解は必須です~

開催日時・会場

2019年06月13日(木曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

おもに経理・財務部門並びに国際事業部門のご担当者ならびにマネージャークラスの皆様

講 師

Mizuno Consultancy Holdings Ltd 代表取締役社長  水野 真澄氏

プログラム

 開催にあたって

   中国でビジネスを行うに際しては、会計・税務制度の理解は必須です。中国の会計は、制度自体は国際会計基準を意識したスタンダードな内容ですが、実務運用上の変則性もあり、制度・実務を包括的に理解する必要が有ります。また、企業所得税、個人所得税、増値税などの税金は、ビジネスの採算に大きな影響を与えます。
   このセミナーでは、会計・税務の双方を実践的に分析し、企業のオペレーションに与える影響を分かりやすく解説します。また、2019年1月1日に25年ぶりの大幅な改定が行われた個人所得税の詳細解説、2019年4月の増値税制度変更、2018~2019年に打ち出された、企業所得税の減税政策等も踏まえて解説します。

 プログラム

1. 中国の会計制度
      ①中国の会計制度
      ②財務諸表(賃借対照表・損益計算書)
      ③会計基準と企業所得税を考慮した個別項目の計上基準
         ・外貨会計  ・棚卸資産  ・有形固定資産
         ・有形固定資産の減価償却  ・無形資産 ・無形資産の償却
         ・貸倒引当金 ・資本金計上 ・税効果会計

2. 中国の会計実務
      ①会計就業資格
      ②会計年度・記帳言語・記帳通貨
      ③会計書類の保存期間
      ④財務会計報告書
      ⑤配当と法定準備金
      ⑥発生基準と発票基準

3. 企業所得税と個人所得税
      ①企業所得税法の特徴
      ②現在の優遇制度
      ③損金算入制限経費
      ④非居住者企業に対する課税(源泉徴収課税と租税条約との関係)
      ⑤駐在員事務所に対する経費課税
      ⑥個人所得税の概要
      ⑦個人所得税法の計算方法
      ⑧非居住者に対する課税

4. 流通税(増値税・消費税・付加税)
      ①財貨の増値税の概要
      ②増値税の課税方法
      ③増値税の一般納税人と小規模納税人
      ④役務の増値税の概要
      ⑤役務増値税の一般納税人と小規模納税人
      ⑥役務増値税の輸出免税・ゼロ税率
      ⑦役務増値税対象役務提供時の源泉徴収
      ⑧消費税  ⑨付加税

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福山TEL 03-5215-3511(代表 )