[事業コード] 191376
マスターファイル・移転価格ポリシー作成の基礎と実務

開催日時・会場

2019年06月10日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

経理・財務部門、海外事業部門など関連部門のご担当者

講 師

信成国際税理士法人 代表社員・税理士 井藤正俊 氏

プログラム

開催にあたって

 マスターファイルなんて、わが社には関係ないーーそうお考えの方もおいででしょう。
 日本の作成基準は、連結総収入金額で1,000億円超ですから、多くの企業はそうでしょう。
 しかし、ベトナムやインドネシアなどの基準は数億円程度と低く、多くの企業が該当します。
 タイでも同様な動きが起きています。
 そこで、本セミナーでは、マスターファイル作成の基礎知識は無論、移転価格全般の実務上のポイント、移転価格ポリシーなどを含めて解説します。

プログラム

1.移転価格文書化に関する税制改正の概要
     (1) BEPSプロジェクトの概要
     (2)平成28年度税制改正の概要
     (3) 国別報告事項
     (4)マスターファイル

2.マスターファイル作成の基礎

3.マスターファイル作成の実務
     (1) マスターファイルと移転価格ポリシー
     (2)マスターファイル作成のポイント

4.移転価格ポリシー構築の基礎
     (1) ローカルファイルと移転価格ポリシー
     (2)移転価格ポリシーの素案例
     (3) 取引類型毎の価格設定の考え方

5.移転価格ポリシー構築の実務
     (1)棚卸資産取引
               ① 切出PLの作成手順
               ② 配賦基準の留意点
               ③ 棚卸資産取引の取引価格の改定

     (2)無形資産取引(平成31年度税制改正事項)
               ① 無形資産の定義
               ② ロイヤルティ料率の算定方法
               ③ ロイヤルティ取引におけるCUT法の適用要件

     (3)役務提供取引(平成30年2月移転価格事務運営要領改正事項)
               ① 企業グループ内役務提供取引の具体例
               ② 役務提供取引の総原価の算定方法
               ③ 企業グループ内役務提供取引の計算

     (4)金銭消費貸借取引
               ① 金銭消費貸借取引にかかる利率の算定方法
               ② 裁判例:タイバーツ事件

6.事例
     (1)移転価格ポリシーの構築
     (2)マスターファイルの作成

受 講 料

 会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。
※講師とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)

セミナー申込