[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 191133
ムダな会議を『意味のある会議』にするための技術

開催日時・会場

2019年06月18日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

ムダな会議の改善に関心のあるビジネスパーソン

講 師

(株)ロゴ  ビジネスパートナー 冨永宏志氏

プログラム

開催にあたって

  『働き方改革』対策として、生産性を低下させる要因として多くの組織で挙げている「会議改善」があります。
ムダ会議の改善は、ムダ時間・資料の削減等により損失回避とコスト軽減につながります。
   本セミナーでは、ムダな会議をやめ、意味のある会議にするための方法について、ケーススタディを交えて解説します。

プログラム

1.はじめに
   

2.働き方改革実現に「意味のある会議」化が有効なわけ
  検討されている施策は、早期実現の求めに答えられていない

3.会議には、こんな問題がある 

 (1)ケーススタディ ーこの会議にある問題を考えるー

 (2)ムダ会議の特徴
   ・アリバイ作り、言い訳だけの会議
   ・発言しない人が参加している会議
   ・結論に行きつかない会議

 (3)なぜ「ムダ会議」は、なくならないのか

 (4)ケーススタディ2 -会議開催者が考える問題-

4.「意味のある会議」にするポイント

 (1)会議前に考える事 ~事前準備を整える~

   “無条件に全員参加にしていないか?”
   “目的を伝えたか?”
   “来てから考える会議にしていないか?”

 (2)会議当日の運営 ~議論する会議にする~
   “全員が発言できているか?”
   “常に反対・議論を逸らす人への対応はできているか?“

 (3)会議後に行うこと ~記録と施策計画を作る~
   “議事録を確実に作成しているか?”
   “アクションプランは明記しているか?”

5.事例紹介から見える改善ポイント

 (1)「先進企業の会議」が求めたこと

 (2)私(講師)が担当した改善実施例から得られた教訓
    会議環境整備のハード面、仕組み・啓蒙活動等のソフト面の改善施策紹介
    改善施策で実現したこと、実現できなかったこと

 (3)ケーススタディ3 ―ご自分の職場における会議改善と課題を考えるー

6.おわりに

受 講 料

 会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。
※講師とご同業の方のお申し込みはお断りする場合がございます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)