[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 182211
入管法改正を受けた外国人活用のポイントと労務管理実務

開催日時・会場

2019年03月20日(水曜日) 09:30~12:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事・総務・国際部門他

講 師

鴻富行政書士法人     パートナー 行政書士    松本 良太氏
社会保険労務士山口事務所 代表 特定社会保険労務士  山口 寛志氏

プログラム

 開催にあたって

   国は12月の臨時国会で出入国管理法の改正法案を決議し、外国人労働の大幅な規制改革に動き始めています。この動きに呼応して日本のメーカーをはじめとする現場にも外国人材活用の道が広がる事で、本社人事部門のワーカーの労務管理対応も大きく変貌することが予想されます。
   また今回決議された改正法案では、これまで一貫して認められていなかった外国人の単純労働の就労が一部の業種限定で解禁され、また永住が可能とする新たな在留資格「特定技能」の創設が盛り込まれているため、外国人雇用の法制度は、ワーカー対応のみならず将来的に家族対応も求められる可能性が出てくるなど本社人事部門の労務管理も大きな転換点を迎えることが予想されます。
   その様な状況変化の中、本セミナーでは全国でもトップレベルの対応件数を誇る国際業務専門の行政書士と社会保険労務士を講師として招き、大転換となる新制度の解説を行います。外国人雇用の在留資格や直接雇用が予測される外国人に関する労務管理実務について、様々な事例や近年の法令の改正や取扱いの変更等の情報を交えながら解説を行い、最後に個別の相談時間も用意しております。

 プログラム

1.「出入国管理法の改正と在留資格別外国人活用のポイント」
      (1)2019年4月に施行される出入国管理法の改正内容
      (2)「特定技能」とは
      (3)「出入国在留管理庁」とは
      (4)在留資格別の外国人活用方法と注意点
      (5)最近の外国人雇用に関するトラブル事例
                                       鴻富行政書士法人 パートナー 行政書士 松本 良太氏

2.「外国人に関する労務管理実務」
      (1)外国人雇用にも適用される労働法
      (2)外国人特有の対応が必要となる社会保険手続き
      (3)近年の労働関係法令の改正や取扱い変更による外国人への影響
                  社会保険労務士山口事務所 代表  特定社会保険労務士 山口 寛志氏

3.質問及び個別相談会

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:27,000円(本体 25,000円)/一般:32,400円(本体 30,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3512 )