[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 182160
『ESG投資』『統合報告書』など、新たな潮流の中、もう一度、基礎から理解する
IR担当者のための投資家から見た決算書の読み方と使い方

開催日時・会場

2019年03月13日(水曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

IR部門・CSR部門・経営企画部門、経理部門など関連部門のご担当者

講 師

プロビティコンサルティング株式会社 代表取締役 公認会計士  野田 弘子氏

プログラム

 開催にあたって

   相次ぐ企業不祥事により、改めてコーポレートガバナンスの重要性が叫ばれています。また、ESG、SDGsを意識した統合報告書を公開する先進企業が近年増加するなど、IRを取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。
   本セミナーでは、こうした状況の中でIRを担当していくために必要な知識を「そもそも論」に立ち返り、会社、会計、投資の本質を問いながら、基礎から解説いたします。

 プログラム

1.そもそも会社と会計の関係を理解する
      (1)投資の仕組みとしての会社
      (2)会社という仕組みから理解する会計の意義
      (3)投資家が評価する『統合報告』とは

2.BSアプローチで理解する複式簿記の仕組み
      (1)資産、負債、純資産を定義で理解する
      (2)貸借対照表と損益計算書の関連を理解する

3.理解しておきたい会計のルール
      ・売上原価の確定
      ・引当金
      ・減価償却

4.財務諸表の見方を理解する
      (1)貸借対照表・損益計算書の見方を理解する
      (2)キャッシュフロー計算書の意義と見方を理解する

5.財務諸表分析
      (1)ROIから理解するROA ROE
      (2)ROAを分解する
      (3)ROIC,EBITDA,などその他の指標の意義

※講師とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )