[事業コード] 182113
「収益認識に関する会計基準」の導入実務

開催日時・会場

2019年03月04日(月曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経理・財務部門ご担当者、本テーマにご関心をお持ちの方

講 師

S. Watanabe CPA Office 公認会計士  渡邉 慎也氏 

プログラム

 開催にあたって

◆「収益認識に関する会計基準」の導入実務を知りたい、というニーズに応え、本セミナーは会計基準の概要説明を
   最低限に留め、設例や模擬会社における導入プロジェクトを体験することで、新基準導入実務の全体像や留意点を
   把握することを目的としております。

◆講師にはS. Watanabe CPA Officeより公認会計士 渡邉 慎也 先生をお招きし、実務対応をわかりやすく解説して
   いただきます。当日は電卓をお持ちください。

 プログラム

1.「収益認識に関する会計基準」の概要
     1.現行の考え方との違い(何が変わるのか)
     2.基準設定の背景・適用範囲
     3.基本原則と適用上の5ステップ
            ①顧客との契約の識別
            ②履行義務の識別
            ③取引価格の算定
            ④履行義務の取引価格への配分
            ⑤履行義務の充足時における収益の認識
     4.特定の状況又は取引における取扱い
     5.重要性等に関する代替的な取扱い

2.(実践)設例を通じ実務上のポイントを理解しよう
     1.収益を認識するための5ステップ適用方法
     2.財又はサービスに対する保証
     3.変動対価の取扱い
     4.本人と代理人の区分

3.導入に伴い生じる役割と関与方法
     1.経営者
     2.経理・財務部門
     3.営業部門
     4.IT部門
     5.内部監査部門及び監査役

4.(実践)模擬会社で新収益認識基準を導入してみよう
     1.導入スケジュールの紹介
            ① 効果的・効率的な導入スケジュールの理解
            ② 関係者を巻き込むためのコミュニケーション方法

     2.導入支援ツールの紹介
            ① 調査範囲決定支援ツール
            ② 5ステップ適用ツール
            ③ 各マイルストーンにおける報告文書例

     3.複数事業を営む「実践カンパニー」における導入シミュレーショ
            ① クイックレビューの実施と導入スケジュールの立案
            ②(分析)調査方法・範囲の決定と分析調査の実施
            ③(設計)業務プロセスの変更・システム改修及び会計処理方針の見直し
            ④(導入)改修後システム導入及び新しい会計処理方針の適用開始
            ⑤ 各マイルストーンにおける関係者への報告・共有

※質疑応答を通じ個別の質問にもお答えいたします。
※電卓をご持参ください。
※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:42,120円(本体 39,000円)/一般:45,360円(本体 42,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福田(TEL 03-5215-3516 )

セミナー申込