[事業コード] 182018
全ての法務・コンプライアンス担当者に贈る
世界で通用するコンプライアンス活動を身につけるための
        「コンプライアンス・ワークショップ」

開催日時・会場

2019年01月23日(水曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、コンプライアンス部門など関連部門のご担当者

講 師

Big West Brothers Consulting & Solutions  代表    大西 徳昭 氏
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 パートナー弁護士 三浦 悠佑 氏

プログラム

 開催にあたって

   「コンプライアンスを“自分事”と捉えることが大切である」とよく言われますが、「自分事として考えて下さい」と唱えるだけで済むのであれば苦労はありません。営業部門は表面的には分かった振りをしていても、内心では繰り返される無味乾燥なコンプライアンス研修に辟易しており、何をやっても「他人事」のまま。それがコンプライアンスの現実ではないでしょうか。
   私たちは、国際法務担当部長、インハウスローヤー時代から、長い間こうした現実に向き合い、コンプライアンス研修の経験を重ねてきました。その数、全世界で合計60社、100部門、20,000人以上。その全てに本気で取り組み改良に改良を重ねた魂の結晶が「コンプライアンス・ワークショップ」メソッドです。
   数えきれないほどの失敗と受講者たちからの厳しいフィードバック、そして気の遠くなるほどの試行錯誤によって磨き抜かれた、世界で通用するコンプライアンス研修のノウハウを皆さんにシェアしたいと思います。

 プログラム

Part 1 研修企画のワークショップ

○ポイント
      最初のワークショップは、研修の企画にあたり、コンプライアンス部門内で行うワークショップです。
      「ヒトゴト」になってしまった人の心を動かし「ジブンゴト」として考えてもらうためには何が必要か、
      考えていきます。

(1)Introduction
         ビジネスサイドから見たコンプライアンス研修
            ~知識伝授型のコンプライアンス研修から生まれる「やらされ感」
(2)ワークショップ
         あなたが良かったと感じた研修はどんな研修ですか?あなたが研修において心掛けていることは何ですか?
(3)まとめ
         コンプライアンス研修を単に知識を披露・伝授するだけの場にしてはいけない

Part 2 コンプライアンス・ワークショップ

○ポイント
      前半のワークショップでは、「コンプライアンスとは何か?」について、専門家の話や文献から得た
      知識を一旦離れて、自分の頭で自由に考え、自分たちの言葉で発表してもらいます。
      続く後半のワークショップでは、正論では割り切れないコンプライアンス現場のジレンマについて、
      話し合い解決の糸口を探っていきます。
      「自分のアタマで自分のギモンについて考える」ことで、ヒトゴト=他律的なコンプライアンスから、
      ジブンゴト=自律的なコンプライアンスへの脱皮を目指します。

『ワークショップ1 コンプライアンスについて自分のアタマで考える』
(1)Introduction
         教科書には載っていないコンプライアンス違反の現実
            ~コンプライアンス違反は同僚の、その家族の人生を狂わせる
(2)ワークショップ
         「コンプライアンス」とは何でしょうか?
         「コンプライアンス活動が上手くいく」とはどういうことでしょうか?
(3)まとめ
         コンプライアンス活動をジブンゴトにするためのカギ=オーナーシップ

『ワークショップ2 正論では割り切れない領域について知恵を出し合う』
(1)Introduction
         日本型不祥事の原風景
            ~「普通の人」が不祥事に手を染めてしまう心理とは?
(2)ワークショップ
         コンプライアンス活動が上手くいかない原因はどこにあるのでしょうか?
         「正しいことを正しく行う」ために足りないものは何でしょうか?
(3)まとめ
         「サラリーマンだから仕方がない」に立ち向かうために

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込