[事業コード] 182097
海外企業情報および各国の経済データの見方と海外取引の与信管理

開催日時・会場

2019年02月05日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画・経理・財務部門他

講 師

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 国際アドバイザリー事業部副部長  保阪 賀津彦氏

プログラム

 開催にあたって

   本セミナーでは、海外企業情報、各国の経済データの取得方法と見方をご紹介します。海外企業情報については、情報が把握しづらい非上場企業のデータ分析の方法をご説明し、各国の経済データについては実際のアジア、中東、中南米、ロシアCIS等の各国データを用いて分析します。
   また、こうしたデータを活用した海外取引の与信管理手法についてもご説明します。

 プログラム

1.海外企業情報の取得方法と見方
      (1)信用調査会社の特徴
               ・日本、米国、欧州の信用調査会社の特徴とその背景
      (2)各国の非上場会社決算書の開示状況
               ・各国当局サイトの利用で、非上場会社の決算概要・登記情報が入手可能
      (3)企業情報の見方
               ・決算書で見ておきたいポイント
               ・支払振りで考えたいポイント
               ・実地調査で見ておきたいポイント

2.各国の経済データの取得方法と見方
      (1)各国経済データの取得方法
               ・世界銀行の無料収集データの活用
               ・JETROの無料収集データの活用
      (2)各国経済データの見方
               ・マーケティングで重視したい指標
               ・2種類のカントリーリスク~経済情勢/政治・社会情勢
               ・経済情勢によるカントリーリスクを予兆する指標
               ・政治・社会情勢のカントリーリスクを予兆する指標
      (3)各国経済データを比較してみる
               ・東南アジア ・東アジア ・南アジア ・ロシアCIS ・中東・アフリカ ・中南米
      (4)集中していく都市人口で変わるマーケティング
               ・1990年の都市人口~現在~2030年の都市人口
               ・国より先に成長するアジア主要都市(1人当たりGDP比較)
      (5)国の破綻リスクとビジネス上の回収リスクは異なる
               ・各種カントリーリスク指標の特徴
      (6)決済ができなくなるカントリーリスク
               ・OFAC規制とは

3.海外取引の与信管理(企業情報と各国経済データ分析の活用)
      (1)海外企業宛て与信管理の流れ
               ・日系企業の海外企業取引動向と陥りやすい罠
      (2)格付の付与
               ・信用調査の結果に加えて検討すべきこと
      (3)限度設定とポートフォリオ管理
               ・限度設定で考慮したいポイント
               ・ポートフォリオ管理と限度設定の関係
      (4)取引条件と地域毎に有効な代金回収リスクヘッジ手段
               ・輸出取引の条件とリスクヘッジ手段
               ・現地販売取引の条件とリスクヘッジ手段
               ・地域毎のリスクヘッジ手段(中国の電子手形・Domestic LC・保険・ファクタリング等)

※講師と同業他社の方のお申し込みにつきましては、お受け致しかねる場合がございますので、ご了承下さい。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3512 )

セミナー申込