[事業コード] 182133
弁護士による成功・失敗事例分析に学ぶ
クロスボーダーM&A、PMIの成功ポイントとPMI後の海外子会社管理のあり方

開催日時・会場

2019年02月06日(水曜日) 13:00~17:00
厚生会館(東京・平河町)

受講対象

部門を問わず、ご関心をお持ちの方

講 師

小島国際法律事務所 パートナー 弁護士  小川 浩賢氏
          パートナー 弁護士  雨宮 弘和氏

プログラム

第1部:クロスボーダーM&A手続き編
   1.具体的説例(オークション形式の株式買取案件)を基にクロスボーダーM&Aの各ステージを理解
        (1)自社の事業の実像・将来像を踏まえた目的設定、対象会社の選定
                  (a)シナジーの検討
                  (b) 持ち込み案件の対応
        (2)チーミング
                  (a) チームリーダー、チームメンバー
                  (b) ファイナンシャルアドバイザー
                  (c) 弁護士、会計士、その他専門家
        (3)企業価値評価(valuation)と買収前監査(Due Diligence)
                  (a) 企業価値評価の方法
                  (b) リーガルデューデリジェンスの実態
        (4)契約交渉からクロージングまで
                  (a) 契約書に定める重要事項とリーガルデューデリジェンスの関係
                  (b) クロージングまでの作業の内容
        (5)買収後経営統合(Post-Merger Integration)
                  (a) PMIの流れと類型
                  (b) ディール段階の検討とPMIの検討との関係

   2.成功・失敗事例分析①─目的設定、チーミングに関する事例
          ①目的不在のままディールが進行して最終的には破綻してしまった例
          ②ファイナンシャルアドバイザーが独走してしまった例
          ③法務アドバイザー、会計アドバイザーの選び方を誤った例
          ④フィージビリティスタディ(FS)が不十分で途中で計画がとん挫した例

   3.成功・失敗事例分析②─買収前監査、契約交渉に関する事例
          ①買収前監査が不十分で後で大きな損害を生じた例
          ②買収前監査でブレキーを踏んだ例
          ③ディールストラクチャーの検討が不十分で破綻した例
          ④契約交渉の工夫例

   4.成功失敗事例分析③─PMI、海外子会社管理に関する事例
          ①PMI(経営、業務のハード面、意識文化のソフト面)の実務と留意点
          ②海外子会社管理の実務と留意点

第2部:事例研究(応用)編 “PMIのその先にあるもの”
   具体的事例を参考に、クロスボーダーM&Aの顛末を概観します。
      ・合弁→売却→独資
      ・合弁→持分買取→合併→倒産

※コンサルティング会社・コンサルタント、法律事務所及び同業の方はご参加いただけない場合がございます。
   予めご了承下さい。

受 講 料

会員:36,720円(本体 34,000円)/一般:39,960円(本体 37,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

田口(TEL 03-5215-3512 )

セミナー申込