[事業コード] 181645
働き方改革時代における
在宅勤務制度導入とHRテクノロジー活用の留意点

開催日時・会場

2018年12月07日(金曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事労務部門など関連部門のご担当者

講 師

フランテック社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士  毎熊 典子氏

プログラム

 開催にあたって

   本年6月働き方改革関連法が成立し、来年4月以降の労働基準法等の改正法施行に向けて、働き方改革は企業にとって喫緊の課題であると思われます。中でも「長時間労働の是正」や「多様で柔軟な働き方」の実現は、働き方改革を進める上で克服すべき大きな課題であり、その課題解決には業務プロセスの見直しを進め、労働生産性の向上を図ることが必要不可欠となっています。
   そこで本セミナーでは、その課題解決策として最近注目を集めている在宅勤務制度とHRテクノロジーについて、その導入・運用から活用において留意すべき点を詳しく解説いたします。

 プログラム

I 在宅勤務制度の導入・運用の留意点
     1.働き方改革と在宅勤務
           (1)働き方改革関連法の成立
           (2)働き方改革としてのテレワーク
           (3)在宅勤務に期待される効果
           (4)在宅勤務の導入事例
           (5)在宅勤務導入にあたっての課題
     2.在宅勤務制度の導入手順
           (1)導入フローと社内体制の整備
           (2)導入目的の明確化
           (3)プロジェクトチームの設置
           (4)適用対象
           (5)教育研修の実施
           (6)試行的実施と問題点の解消
     3.労務管理上の留意点
           (1)ガイドラインに沿った労務管理体制の構築
           (2)労務時間の管理
           (3)健康管理
           (4)作業環境の整備
           (5)労働災害
           (6)在宅勤務者の処遇
     4.ICT環境の整備とセキュリティ対策
           (1)ICT環境の整備
           (2)情報セキュリティ対策
     5.在宅勤務規程等の整備
           (1)就業規則の見直し
           (2 )在宅勤務規程作成のポイント
     6.運用上の課題
     7.助成金の活用

Ⅱ HRテクノロジー活用の留意点

     1.HRテクノロジーとは
     2.人事の機能とHRテクノロジーのカテゴリー
           (1)人事労務管理から人的資源管理へ
           (2)HRテクノロジーのカテゴリー
           (3)HR領域におけるAIの活用
           (4)HRテクノロジーが実現する機能
           (5)HRテクノロジーのサービス事例
     3.従業員のモニタリング
           (1)人事評価、配置、組織活性化を目的とするモニタリング
           (2)健康管理のためのモニタリング
           (3)人事評価とAI
     4.AIと個人情報保護

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

金井(TEL 03-5215-3550 )

セミナー申込