[事業コード] 180118
オムロンにおけるROIC経営

開催日時・会場

2018年11月28日(水曜日) 14:00~17:00
アイビーホール(東京・表参道)

受講対象

経理部門、経営企画部門、監査部門、海外部門、事業部門および組織マネジメント担当者ほか

講 師

オムロン株式会社 グローバル理財本部計画部

プログラム

この会の特徴

    ・管理会計を経営に生かす
    ・戦略を実現するためのコントロールシステムの構築
    ・複雑化する経営課題を解決する
    ・重要業績評価指標の運用
    ・部門責任を明確にする業績責任組織

プログラム

 【事例研究14:00~16:00】
  『オムロンのROIC経営』
       1.オムロンの概要
       2.経営管理システム(ROIC経営)
       3.企業理念経営

   ROIC経営をご紹介いたします。
   ROIC経営における特徴は次の3点です。
   1.ポートフォリオマネジメント(PPM)
         全社を約90ユニットに分解、成長性と収益性の2軸で経済価値を評価。
         PPMを活用することで、事業の成長加速や構造改革・撤退等の経営判断を適切・迅速に行います。
   2.ROIC逆ツリー展開
         ROIC逆ツリー展開により、ROICを各部門のKPIに分解し落とし込んでいます。
         例えば、1/N自動化率、品質コスト、売価コントロールなど現場レベルの目標と固定資産回転率、
         売上総利益率などROIC向上の取組みをつなげています。
   3.ROIC翻訳式
         ROIC経営の浸透をより加速させるため、ROICの定性的な翻訳式を活用した「ROIC経営2.0」を
         2015年から開始しています。
         簡単な翻訳式により、普段は財務諸表と縁のない営業や開発部門などの担当者がROIC向上の取組みを
         具体的にイメージすることができます

                                                         講師:オムロン株式会社 グローバル理財本部計画部

【解説講義16:00~17:00】 全体討議・総括
         
コーディネーター:横浜国立大学 大学院 国際社会科学研究院教授 中村 博之氏

受 講 料

会員:35,640円(本体 33,000円)/一般:38,880円(本体 36,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

宇田川(TEL 03-5215-3550 )

セミナー申込