[事業コード] 181996
データ分析とインパクトあるグラフ作成技法を学ぶ『Excel統計分析』の基本

開催日時・会場

2018年12月25日(火曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

Excelを使って分析スキルを高め、定量データの読み方、活用方法を実践的に学びたい方

講 師

株式会社フォーカスマーケティング 代表取締役  蛭川 速氏

プログラム

 開催にあたって

   インターネットの普及と通信環境の高度化によって、ビジネスパーソンの接触可能情報量は格段に増加し、企画に必要な様々なデータを机上でカンタンに収集することが可能となりました。しかしながら、データそのままでは気づきを得ることは困難です。データを加工して価値ある知見を見出す分析スキルや、体感的に「気づき」を得ることができるグラフの作成技法も重要です。
   本セミナーでは、効率的に価値ある情報を探し出すスキルとExcelを使った分析手法、プレゼンのための魅力的なグラフ作成方法をレクチャーします。
   多変量解析などの難解な分析方法を用いていないので、数字が苦手な人でも企画に活用できるデータ分析スキルを身につけることができます。

 プログラム

1.データ分析の前に(準備段階)
      (1)分析とは「分けてわかること」
      (2)データ分析をマスターして実務を効率的にこなし、創造的な思考を身につける
      (3)Excelのグラフ機能をフル活用する
      (4)定量データと定性データ
      (5)定量データの特性
               ・数量データとカテゴリーデータ
               ・データの形式(行×列)
      (6)代表値で集団の特性を理解する
               ・平均/中央値/最頻値・最大値・最小値
      (7)データのバラツキを把握する
               ・ヒストグラムと標準偏差
      (8)キーボードショートカットを覚えて時短

2.定量データの収集と加工
      (1)2次データと1次データ
      (2)ネットを駆使して2次データを収集する
      (3)社内のデータを活用する
               ・販売実績を加工して分析できるデータを整える
      (4)データ加工
               ・発想を豊かにする構成比のまとめ方
               ・増減率と寄与率を活用して重要ポイントを抽出する
               ・ピボットテーブルの使い方をマスターする

3.これだけ押さえれば充分!データ分析の基本
      (1)トレンド分析
               ・長期間の時系列データから将来を予測する(過去からの傾向を読み解く)
               ・データの増減に影響を及ぼす他の要素を収集する
      (2)比較分析
               ・全体の傾向を読み解くために細分化し比較する
      (3)相関分析
               ・重要な成果データ(売上高・利益)と関わりの高い変数を探索する
               ・相関関係から因果関係のあるデータを絞り込み実務に活用する

4.ビジネス現場で使えるデータ分析10
      (1)マクロ環境の分析
               ・トレンド分析で需要増減に影響を与える要因を検討する
      (2)セグメンテーション
               ・顧客分類の為の評価軸とウエイトを設定する
      (3)ターゲティング
               ・ABC分析/パレート分析からプライオリティをつける
      (4)ポジショニング
               ・散布図を作成してポジショニングマップを描く
      (5)CS分析
               ・CS調査の結果を活かして重点施策を検討する
      (6)価格分析
               ・PSM分析で顧客受容性の高い価格を設定する
      (7)プロモーション効果測定
               ファネル分析でプロモーションの課題を見出す
      (8)販売分析
               ・レートシェア分析でチャネル別商品別売れ行きを把握する
      (9)財務諸表(B/S、P/L)をグラフ化する
      (10)Excelを活用した財務分析

5.効果的なグラフの作成法
      (1)ビジュアルで提案相手に気づきを与えるグラフ
      (2)複合グラフを作成し論点を明確にする
      (3)違いを明確に訴求するグラフ作成法
      (4)ウォーターフォールを活用して問題点を明確化する
      (5)散布図を作成して違いを浮き彫りにする
      (6)超時短!比較グラフの作成
      (7)全体を眺望するヒートマップの作成

※講師とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込