[事業コード] 181663
著作権にまつわるビジネス上の留意点と対応策
     ~事例をベースに基礎知識を徹底解説~

開催日時・会場

2018年11月21日(水曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務、広報部門のご担当者

講 師

ウイズダム法律事務所 弁護士・弁理士  石川 正樹氏

プログラム

 開催にあたって

   近年のインターネットやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用の高まりとともに、企業にとっては、無意識に発信した行動や発言によって思いがけない「著作権」トラブルに巻き込まれるケースが決して少なくありません。企業にとってコンプライアンス面からのリスク管理や業務の信頼性を確保するためには、「著作権」について正しい理解と適切な配慮が必要となってきております。
   そこで、今回このようなトラブルを未然に防ぐために法改正の動向を踏まえて、「著作権とはなんだろう」という基本から著作権侵害やその防止法までを、事例を交えながら詳しく解説いたします。

 プログラム

1.身近にある著作権の問題
      (1)都内に美容院を数点経営している会社が、ライバル会社のホームページに掲載されていた
               ヘアーモデルの写真を自社のホームページに掲載したところ、2,000万円の損害賠償金を
               支払えといって訴訟を起こされた。
      (2)ホテルを経営している会社があるバンドの曲を自社のCMに流したところ、使用料を支払う
               ように請求された。
      (3)漫画のキャラクターを玩具にして商品化したところ、その漫画の画家ではなく原作者
               (その漫画のストーリーを発案して原稿を書く者)から
販売をやめるようにいわれた。
      (4)江戸時代の浮世絵の模写作品を豆腐のパッケージにして販売したところ、模写作品の
               作者から2000万円を請求された。

2.著作権てなんだろう?
      (1)著作権の意味
      (2)著作物とは
      (3)著作権の内容
      (4)著作者とは

3.著作権侵害とは
      (1)1.の(1)を分析してみると
      (2)1.の(2)を分析してみると
      (3)1.の(3)を分析してみると
      (4)1.の(4)を分析してみると
      (5)著作権を侵害するとどうなるの?

4.著作権侵害を防ぐためには
      (1)他人の表現物を利用するときには著作権を意識する
      (2)紛争を防ぐためには契約を結んでおく

<質疑応答>
※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

金井(TEL 03-5215-3550 )

セミナー申込