[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 181784
企画(提案)力を高める社外情報探索と解析のすすめ方〔演習を含む〕
あらゆる業務に必要な情報感性を磨くための情報探索・解析のノウハウ

開催日時・会場

2018年11月01日(木曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

全てのビジネスパーソン

講 師

日本アイアール株式会社 知的財産活用研究所 顧問
〔元 呉羽化学工業㈱:現㈱クレハ 知的財産部担当部長〕  隈元 光太郎氏

プログラム

 開催にあたって

   情報は発想資源であり、日常業務のなかで課題解決の情報を見つける探求心がその原点となります。情報の中味をどのようにして解釈し、直面する業務課題にどのように立ち向かうか、そのための基礎的能力が情報解析力です。
   新しい発想を日常の仕事のなかで創るためには、情報探索と情報を解読するトレーニングが必要です。日常的な情報解析の流れを、発想の原動力として認識することが求められます。
   本セミナーは、情報の探索から解析までのプロセスを日常業務のなかで、実践するための効率的情報探索・解析方法を学習し、演習を通して新しい発想につながる思考力と情報感性を高めることを目的とした講座です。

 プログラム

1.情報源と情報収集手段を認識する
      1.日常活用する情報源と情報収集手段を考える
      2.情報が多く、必要な情報が何処にあるか又必要な情報の集め方
      3.公開情報と未公開情報について考える
      4.情報サイトと情報データベース
      5.情報検索の意味と落とし穴
      6.情報は発想資源である
      7.情報収集と情報解析はセットと考える
      8.情報感性を磨く
            (1)トレンド情報を感じ取ろう
                     ・これからのマーケット
                     ・これからの技術の見方
                     ・これからの産業分野を予測する
            (2)身近な情報を大事にしよう
                     ・毎日の新聞記事、TVニュースに関心事を見つけよう
                     ・今の仕事内容を学習する
                     ・広く情報を閲覧する習慣をつけてみよう
            (3)情報の整理加工の習慣を身に着ける
                     ・情報の重要ポイントを見つけ自分の言葉で要約するトレーニング
                     ・多観点でものを見る(切り口を見つける)トレーニング
                     ・情報のマップを作る習慣を身につけよう
            (4)予測能力を養おう
      9.情報解析の流れとステップを習得すれば将来が見える
            (1)目的意識を持とう
            (2)切り口を設定しよう
            (3)時系列テーブルの作り方
            (4)マトリックステーブルの作り方
            (5)未来予測能力について

2.情報サイトと情報データベースの活用法
      1.データベースを活用しよう(情報検索の実際)
               新聞記事情報/特許情報/企業情報/科学技術文献情報等
      2.新聞記事情報の活用
            (1)新聞記事の活用範囲は
            (2)特許情報と対比すると色々なことが見えてくる
            (3)新聞記事情報データベースの機能と使い方
            (4)新聞記事解析・活用事例紹介
                     企業動向、技術動向、企業間の事業提携、新技術動向、産業動向等
      3.科学技術文献データベースの使い方
      4.特許情報の収集と特許データベースの使い方
            (1)特許情報の意味
            (2)データベースの使い方
      5.有価証券報告書の調べ方
      6.情報は総合的に活用する
            (1)(事例)新聞記事情報と特許情報を組み合わせてみる
            (2)技術動向事例           
            (3)企業動向事例
            (4)R&D事例

3.情報探索から解析までのステップと流れの実際
            具体的事例に基づく調査のステップと流れを解説

4.グループ演習
            具体的テーマによる切り口設定の演習

受 講 料

会員:38,880円(本体 36,000円)/一般:42,120円(本体 39,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

田中(TEL 03-5215-3512 )