[事業コード] 180183
働き方改革に伴う労務の課題
 ~同一労働同一賃金問題・労働時間規制問題を中心に~

開催日時・会場

2018年09月27日(木曜日) 13:30~17:00
厚生会館(東京・平河町)

受講対象

おもに法務部、総務部門担当、並びに経営企画部門等マネージャークラスの皆様

講 師

五三・町田法律事務所 弁護士  五三(いつみ) 智仁氏

プログラム

開催主旨

   安倍内閣が推進する働き方改革関連法案が先般の通常国会において、改正法が成立しました。多岐にわたる法案の中で、特に同一労働同一賃金の問題と労働時間規制の問題を中心に、今後の実務対応についてご参加者の皆様と検討議論したいと思います。
多くの皆様のご参加を申し上げます。

プログラム 

◆講演 13:30-15:15
働き方改革に伴う労務の課題
   ~同一労働同一賃金問題・労働時間規制問題を中心に~

1.非正規労働者に対する処遇
      (1)長澤運輸・ハマキョウレックス事件最高裁判決(H30.6.1)の影響
      (2)同一労働同一賃金に関する法改正とガイドラインの読み方
      (3)今後の実務対応

2.長時間労働の是正
      (1)法改正労働時間の上限規制の内容
      (2)ガイドラインの内容
      (3)今後の実務対応

3.その他(テレワークや兼業・副業の推進,育児・介護と仕事の両立等

◆15:30~17:00
   課題解決のための徹底/グループ&全体討議 (講師を囲んでのゼミ形式)
      コーディネーター:J&Cドリーム・アソシエイツ代表
              (前 伊藤ハム㈱法務部長 )大澤 頼人氏

     メンバーの問題意識、課題を集約し、前半のご講演の内容の確認と講師を中心にした質疑応答などを
     通して、課題解決を図る。

次世代法務リーダーに求められるスキルの育成
  J&Cドリーム・アソシエイツ代表(前 伊藤ハム㈱法務部長)大澤 頼人氏

   近年ビジネス環境が激変するなかで、日本企業では働き方改革への対応、民法改正による企業サイドでの取組み、法務業務の改革など、持続可能な発展を実現していく上で企業の法務部門が果たすべき役割は一層大きくなってきております。
   そこで当講座では、次世代法務リーダーに求められる業務の棚卸しとスキルの育成を今回のテーマである【働き方改革と法務対応】から、実践論を研究して参りたいと存じます。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福山(TEL 03-5215-3550 )

セミナー申込