[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 181871
経営/現場が求めている人材育成ニーズ/課題に応える
   人材育成のグランドデザインの実際
問題解決力、企画力・スキルup、新規事業・変革人材育成の実践事例詳解

開催日時・会場

2018年10月23日(火曜日) 10:00~17:00
厚生会館(東京・平河町)

受講対象

人事、企画、R&D部門の人材育成の要になるマネージャーリーダー
および人材開発・教育研修担当スタッフの方々

講 師

育成グランドデザイン(Human resource Grand Design) 代表  遠藤 裕隆氏
富士ゼロックス株式会社 教育部シニアコンサルタント

プログラム

◆経営/現場が求めている人材育成ニーズと人材課題を浮き彫りにする
◆人材育成グランドデザインの狙いを実際例から理解

1.なぜ今人材育成のグランドデザインか
2.人材課題を整理(人材ポートフォリオ分析)
      ①事業戦略を人材戦略に翻訳し、人材課題を可視化
      ②人材ポートフォリオ分析で、伝承と変革の視点で必要人材の「質」と「量」を抽出

3.人材育成のグランドデザインを構成するフレームワークの紹介
      ①問題の可視化(問題解決フレームワーク)
      ②人材(能力)の可視化(人材育成フレームワーク)
      ③伝承の可視化(問題解決型コース設計手法)
      ④成果の可視化(成果把握フレームワーク)

4.人材育成のグランドデザインの実践的事例紹介 (PDCAベース)
            事業戦略を人材戦略(人材ポートフォリオ)に翻訳し、人材モデル/能力モデル/教育体系図を構築し、
            育成活動を実施して、成果を把握するという人材育成ストーリーを紹介
      (1)問題解決力強化(組織力強化)
               ・マネジャー主導で、すべての業務で共通な基礎能力となる問題解決力強化を実施した事例
      (2)顧客起点の企画力強化(専門能力強化)
               ・スキルアセスメントを活用して、事業戦略に必要な強化スキルと保有スキルのギャップ分析から
                  目標スキルを抽出し、中期的に育成活動を実施した事例
      (3)新規事業人材育成(変革人材強化)
               ・新規事業を担う人材の適性能力(資質とスキル)を明確にし、適性人材を発掘して、
                  強化・活用するという一連の流れを紹介

5.演習:人材育成の課題・問題点の整理の方法
      ・各社・各自人材育成における問題を抽出して、問題把握シート/テーマ選定シートを記入/意見交流

6.まとめ

※全体を通じた質疑応答

受 講 料

会員:43,200円(本体 40,000円)/一般:46,440円(本体 43,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

井堀(TEL 03-5215-3512 )