[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 181598
経営企画担当者のための経営意思決定の進め方の基本と経営戦略

開催日時・会場

2018年10月30日(火曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

  ※都合により開催中止となりました。

受講対象

経営企画部門の方

講 師

日沖コンサルティング事務所 代表  日沖 健氏

プログラム

 開催にあたって

   激動する経営環境の中で、革新的な経営意思決定が求められています。しかし、多くの企業の経営企画部門では、勘・経験・度胸に頼った決定、年中行事化したマンネリの中期経営計画、結論ありきの計画の承認などに陥っており期待される役割を十分に果たしていないのではないでしょうか。
   本セミナーは、戦略的な意思決定の進め方と留意点をショートケースの検討・解説、講師のコンサルティング実施事例の紹介を通して学びます。経営企画担当者や事業責任者の皆様のご参加をお勧めいたします。

 プログラム

1. 経営意思決定の革新が必要だ
      (1) 経営意思決定の変化
      (2) 日本企業の経営意思決定の問題点
      (3) 経営意思決定のあり方を変えよう

2. 経営意思決定のロジックと実践
         (ケースの検討・解説を通して経営意思決定の進め方・留意点を学びます)
      (1) 経営意思決定の基本
      (2) 良い問題を捉える
               組織を発展させる“良い問題”を捉える
      (3) 選択肢を漏れなく列挙する
               列挙した選択肢の最高の期待値を上回る成果は生まれない
      (4) 選択基準を明確にする
               リスクとリターン、前提条件・制約条件を明らかにする
      (5) 事業を重点化する
               将来だけが問題、誤解されている製品ポートフォリオの使い方
      (6) 時間軸と競合を意識して決定する
               短期的な成果だけでなく、先の先まで読んで決定する
      (7) 複数の施策の実施順序を決める
               先行優位性の確保、リスクが低い順から実行するのが最善とは限らない
      (8) 事業の継続・撤退を決定する
               サンクコストに捉われず、心理的要因を克復する
      (9) 非合理な意思決定が飛躍を生む
               歴史的な経営意思決定はハイリスク・ローリターン
    (10) 幸運を意識し、幸運を取り込む
               幸運が最大の成功要因、まず打席に入ってバットを振る

3. おわりに
      (1) ふりかえり、まとめ
      (2)経営企画部門の革新に向けて
               事前の計画か、事後の問題解決か
      (3) 質疑応答

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

倉島(TEL 03-5215-3515 )