[事業コード] 181693
HR Transformation - 経営に資する人事部門への変革 -

開催日時・会場

2018年07月24日(火曜日) 13:30~16:30
主婦会館プラザエフ(東京 ・四ツ谷) 

受講対象

シェアードサービス・人事・総務部門他

講 師

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  CFOサービス 執行役員 パートナー       三上 徳朗氏(みかみ のりあき) 
  HRトランスフォーメーション シニアマネジャー 福村 直哉氏(ふくむら なおや)

プログラム

 開催にあたって

   グローバル競争の激化やテクノロジーの革新的な発展による市場環境の変化に伴い、従来型の「事業からの要請に対応する人事」から「経営に貢献するパートナー」への生まれ変わりが、人事部門に求められる喫緊の課題となっています。間接機能及び人事機能の生産性向上が経営課題として位置づけられる中、人的リソースの投入に見合う価値提供ができているか、今一度シビアに見直すべきタイミングと言えます。
   環境変化に素早く対応し、企業価値創出を人事部門側からリードしていくためには、現状の延長戦上の業務改善にとどまらず、各組織のミッションや真に保有すべき機能の再定義、組織構造や意思決定のあり方の刷新、及びHRテクノロジーの最大活用を通じた、「人事機能の徹底的な合理化」と「付加価値領域へのリソースシフト」が必要不可欠です。
   本セミナーでは、昨今の経営環境及び間接部門の変革における最新動向を整理したうえで、特に生産性向上の必要性が取り上げられることが多くなってきた人事部門での変革を推進する際のアプローチ、各取り組みのポイントを紹介します。更に国内・海外における先進事例の紹介を通じ、より具体的な施策を紹介します。

 プログラム

第1部 : 『企業を取り巻く外部環境の変遷と間接部門変革のトレンド』
   1.ビジネス環境と間接部門における取組みのトレンド(講演:三上 氏)
   2.人事部門における取組みのトレンド(講演:福村氏)

第2部 : 『人事部門の機能・組織体制に関する考え方・事例紹介』(講演:福村氏)
   1.人事部門で起こりがちな機能・組織体制上の課題
   2.人事部門のミッション・保有すべき機能・組織設計の考え方
   3.グループ経営における各組織(本社、グループ会社、SSC)の役割分担

第3部 : 『人事部門における業務改革・テクノロジー活用に関する考え方・事例紹介』(講演:福村氏)
   1.人事部門における業務実態と業務改革の必要性
   2.人事部門におけるテクノロジー(RPA、AI)の最大活用
   3.人事部門の高付加価値化に向けたリソースシフト

第4部 : 『人事部門における人材活用に関する考え方・事例紹介』(講演:福村氏)
   1.HR部門が抱える人材の悩み
   2.HRプロフェッショナル人材創出の取り組み

第5部 : 『デロイトの人事部門変革に向けた進め方』(講演:福村氏)
   1.プロジェクトアプローチ例のご紹介
   2.プロジェクトタスク・スケジュール・体制のご紹介

第6部 : 質疑応答

※講師と同業他社の方のお申し込みにつきましては、お受け致しかねる場合がございますので、ご了承下さい。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3512 )

セミナー申込