[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 181661
    中国環境規制の動向と日系企業の対策事例  並びに移転と人員体制再構築実務
習近平政権下2050年迄の目標としての中国の水・空気・土壌に対する環境保護は企業経営に如何に影響を与えるか

開催日時・会場

2018年07月11日(水曜日) 13:00~16:00
アイビーホール(東京・表参道)

受講対象

おもに経営企画、法務部門並びに海外事業部門のご担当者ならびにマネージャークラスの皆様

講 師

株式会社マイツ 執行役員兼上海邁伊茲咨詢有限公司 経営支援部部長  谷 公爾氏
上海邁伊茲咨詢有限公司 浦西事業所経営支援部 労務諮詢室      向井 蘭氏 (日本国弁護士)

プログラム

 開催にあたって

   過去の中国リスクとは様子の異なる今回の環境規制では、強制立退きなども発生しており、すでに対策を講じ始めておられる化学品製造業だけでなく、排水、排気を行う工場全てが対象になります。また、中国からの輸入を行っている企業様にとっても、ある日突然、サプライヤーが操業停止になるといったリスクに直面しています。
   今、中国で何が起こっているのか?上海を中心に、現場での企業サポートを行っているコンサルタント&弁護士がその実態をお伝えいたします。ぜひ、関係各位のご参加をお勧め申し上げます。

 プログラム

13:00-14:30
『中国進出企業が注意すべき諸政策と対策事例』
   1.中国進出企業が注意すべき諸政策
   2.中国の環境政策の最新動向
   3.環境保護法・条例等の執行状況
   4.上海市およびその他都市の土地政策と都市計画の動向
   5.移転リスク判断と移転時の留意点
   6.日系企業事例
                              講師:株式会社マイツ 谷 公爾氏

14:40-16:00
『工場移転と人員体制再構築実務』
   1.工場移転の諸パターン
   2.パターン別異動・リストラ対応実務
   3.発表時期と発表前の情報管理
   4.労働局と地元政府との付き合い方
   5.質疑応答
                              講師:上海邁伊茲咨詢有限公司  向井 蘭氏

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福山(TEL 03-5215-3550 )