[事業コード] 181326
負けない英文契約書勘どころを理解する

開催日時・会場

2018年08月03日(金曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門の方もしくは国際営業部門等に所属され、実務で英文契約書に携わっている方

講 師

スキャデン・アープス法律事務所 弁護士  熊木 明氏

プログラム

 開催にあたって

   ビジネスの国際化が進み、日本企業においても外国法、特に英米法に基づく英文契約書を取り交わさなければいけない場面が増えてきています。こうしたなかで英文契約に対しては、英語で書かれている上に日本の契約書に比べて長く、しかも難解な英米法のルールで記載されているので、難解に感じる方も多い事でしょう。しかし、いくつかの勘どころを押さえたうえで実際にやってみると、実は英文契約のレビューはそれほど困難なものではないことがわかります。
   そこで本セミナーでは英文国際契約の勘どころに焦点を当て、実際のreview・交渉作業を再現しながら解説していきます。

 プログラム

1.英文契約の契約・ルール
      (1)英文契約の形式に惑わされない
      (2)英文契約の英語の読み方
               ・きれいな英語よりも明確な英語
               ・英語は補足せず字面どおりに読む
               ・英文契約独特の表現に慣れる

2.英文契約の本体部分をレビューする
      (1)英文国際契約の構造
               ・全体の構成~英文契約は7つの規定に分類することができる~
               ・法務の観点から重点的にレビューすべき条項

3.重要な条項毎における注意点
      (1)特別な義務(特別Covenant)
                定型的なCovenantと非定型的なCovenant
      (2)表明保証条項(Representation&Warranty条項)の注意点
      (3)補償条項(Indemnity条項)の注意点
                補償責任と契約違反の損害賠償責任を別のものであると理解しているか

4.ドラフト上のテクニックによる罠
      (1)「定義」を使用する罠の仕掛け
      (2)接続詞の選択と解釈への影響
      (3)自分の義務の否定及び限定の方法

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3513 )

セミナー申込