【お一人から受講可能】《演習あり》論理思考(ロジカルシンキング)研修  

◆このプログラムは通常のWEBセミナー(企業研究会で開催するセミナーを収録し、配信するもの)とは異なり、よりリアルに近いセミナースタイルで、視聴者には実際に演習をしていただくなどの工夫がされたものです(リアルのセミナーをオンデマンドで受講できるような内容です)。
講師への質問もメールベースで実施できます。

◆この研修は、協力会社である株式会社ファシオのイベント配信プラットフォーム「Delivaru」を使用します。また、お申込者様のメールアドレスを(社)企業研究会、㈱ファシオで共有いたします。

研修ご受講人数

本研修は3-4名のグループで受講いただくことを前提としていますが、
他受講者と時間設定が難しいなどの事情があれば1人で受講いただくことも可能です。

ご不明点等ございましたら、本ページ最下部の担当までお問い合わせください。

本研修の概要

https://www.youtube.com/watch?v=ATAKQaPqvkI
↑こちら、本研修の導入動画でございます。研修の概要やご受講環境の説明をご紹介しております。(10分)※youtubeの動画です。

自宅や遠隔オフィスでのリモート業務が常態化してきました。
その中で、フェースtoフェースのコミュニケーションに代わり、メールやチャットなど文章によるものが増え、文章による正確で迅速な意思疎通の必要性が従来以上に増しています。

◎言いたいことが伝わらない報連相メール
◎噛み合わないグループウェア上の議論
◎体を成してないお客様への提案書や報告書

これらは論理思考力の不足が原因です。
従来から必要性は高かったものの、さらに高まってきた、論理思考力を本研修で是非習得してください。

■研修スケジュール■

講義時間:約6時間(演習時間含む)
・事前連絡10分
・第1部 80分
・第2部 80分
・第3部 80分
・第4部 90分
※ランチタイム1時間と10分休憩×2回にすると、10:00-17:00の終日研修になります。

【サンプル動画】
https://youtu.be/77QuPQ4Qk8I
↑こちらからセミナー冒頭の24分間を試聴できます※youtubeの動画です。

【プログラム】

1.思考スタイル

(1)ゴール思考
●筋道を通す前に考えるべき、筋道を通す「先(ゴール)」
●ゴールまでの距離感

(2)プロセス思考
●ゴールまでの筋道を組み立てる

(3)仮説思考
●ゴールもプロセスも仮説がないと見えてこない
●筋道が見えないときは「問題解決」

2.思考スキル

(1)ピラミッド構造
●論理的であるとは筋道が通っていること
●筋道とは「全体⇔部分」や「主張⇔理由」などの二つの関係
●筋道の関係を上下に組み立てると三角形(ピラミッド)になる

(2)MECE
●MECEとは「モレ・ダブりのない状態」を意味する
●ピラミッドを上から下に分解する際の技術

(3)グループ・ラベリング
●似たものをグループに括り、共通する意味のラベルを貼る手法
●ピラミッドを下から上に統合する際の技術

(4)帰納法、演繹法
●帰納法:個別の事象から共通概念を導き出す手法
●演繹法:複数の事象から必然的な結論を導き出す手法
●ピラミッドの上と下を結合する際の技術

3.演習

講 師

(株)プロセス・ラボ /(有)ウィルミッツ 代表取締役 松浦剛志 氏

講 師 略 歴

京都大学経済学部卒。東京銀行審査部にて企業再建を担当。その後グロービス(ビジネス教育、ベンチャー・キャピタル、人材事業)にてグループ全体の管理業務、アントレピア(ベンチャー・キャピタル)にて投資先子会社の業務プロセス設計・モニタリング業務に従事。02年人事、会計、総務を中心とする管理業務のコンサルティングとアウトソースを提供する会社、ウィルミッツを創業。06年業務プロセス・コンサルティング機能をウィルミッツから分社化し、プロセス・ラボを創業。業務現場、コンサルティング、アウトソースのそれぞれの経験から培った業務プロセスを理解・改善する実践的な手法を開発し研修・コンサルティングを提供している。

受 講 料

お一人様 38,500円 (本体価格 35,000円)

ご質問・ご相談は以下担当までご連絡ください。

(一社)企業研究会 民秋(たみあき)
TEL 070-2625-4687
mail tamiaki@bri.or.jp