pixta_19482813_L

 ~人事におけるデータ活用の基本と原則を理解する~
第2期 デジタルHRプロデューサー®養成講座

第1回例会は、ご参加ご検討中の方を対象に体験参加のお席をご用意致します。

本講座の目的

・「人事領域におけるデータ活用」について基本的な知識、スキルを体系的に学ぶ。
・「デジタルHRプロデューサー®」としての基礎を身につける。

デジタルHRプロデューサー® の定義とは:

・進化し続けるデジタルテクノロジーの最新動向を把握した上で、最適なデジタルテクノロジーを活用し、自社の人事戦略の策定から実行までをプロデュースする人材
・適切なツールやデータを活用し、社内・外の人材、リソースを結び付け、活用できる『指揮者』のような存在。

本講座の特色

・HRテクノロジー分野の専門家であるコーディネーターからグローバル含めた最新の潮流・知見を学ぶ。
・企業における具体的なHRテクノロジーの実践活用事例を知る。
・ピープルアナリティクスの具体事例を学び、実践できるようになる。
・本講座を通して受講することで、【デジタルHRプロデューサー®】としてのスキルを習得することができる。→一定以上のご出席率の方でご希望の方には企業研究会認定【デジタルHRプロデューサー®】養成講座の修了証を全日程終了後にお渡し致します。

予定テーマ・内容

・人事におけるテクノロジー活用の最新トレンド
・テクノロジー導入による人事業務の変化とHRパーソンに要求されるスキル
・人事業務の効率化
・採用、育成、人材配置
・組織、チームマネジメント
・ハイパフォーマー分析・ロ―パフォーマー分析
・エンゲージメント

参加対象者

・人事部門、その他の部門に所属し、人事領域におけるデータ活用に高い関心をお持ちの方。
・意欲的かつ、近い将来、人事業務の枢要を担うと期待されている方、戦略人事パーソンたり得る方
※データアナリスト養成講座ではなく、あくまでデータの活用方法や、最新事例、統計手法や分析手法を学び、それを自社の人事戦略に活用することを目的とする。

参加パターン

Aコース:原則的に同じ方が全6回出席し、『デジタルHRプロデューサー®養成講座』修了証の獲得を目指す。

Bコース:2名程度で交代で全6回出席し、組織内、部署内での本トピックの知見の拡大、共有を目指す。修了証の交付はなし。(グループワークの内容はご参加メンバー同士で引き継ぎ・共有をお願いします。)

開催日程

2019年7月~2020年1月(全6回)
※会場は原則アイビーホールを予定しております。

第1回 7月19日(金) 第2回 9月27日(金)
第3回 10月18日(金) 第4回 11月22日(金)
第5回 12月13日(金) 第6回 1月24日(金)

セッション①:

日 時:2019年7月19日(金) 13:30~17:00(例会)、17:00~18:00(懇親会)
会場:表参道 アイビーホール
講師:慶應義塾大学 大学院経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏(本講座コーディネーター)
※コーディネーターは全セッションに出席し、指導します。

『HRテクノロジーの最新動向とデジタルHR実行のポイント』
・これからの社会・産業と人材マネジメント
・HRテクノロジーの世界および日本の最新動向
・デジタルHR先進企業の具体事例
・デジタルHR実行のポイント
・デジタルHRプロデューサー®になるためには

 セッション②:

・日 時:2019年9月27日(金) 13:30~17:00
・会場:アイビーホール(東京・表参道)
・講師:カシオヒューマンシステムズ株式会社 企画戦略部 戦略室 室長 横塚 麻里氏

『人事ビッグデータ解析から、組織の生産性を向上させる人材像に切り込む』~実施事例とカシオグループにおける取組みより
・人事データ分析の活用可能性とは~生産性向上、健康経営、潜在ハイパフォーマー発掘
・カシオグループでの取り組み~『社員の経験を数値化』『健康経営と評価の意外な相関性』について
・人事データを今後どう活用すべきか~データの可能性と企業人事が留意すべき点

セッション③:

・日 時:2019年10月18日(金) 13:30~17:00
・会場:アイビーホール(東京・表参道)
・講師:日本アイ・ビー・エム株式会社 人事 HRパートナー担当 理事 山口 俊一氏

『日本アイ・ビー・エムにおけるHRテクノロジーの活用例』
・人事課題への対応のためにHRテクノロジーをどのように活用しているか
・多様な社員が活躍できる個別最適な人事への取り組み
・人事領域におけるコグニティブ・ソリューション(データ・AI)の活用
・取り上げる事例(予定):テレワークとソーシャル・ネットワーク型協業、世界規模の人事データベース、管理職の人事管理に対する支援、社員のキャリア構築や学習に対する支援

セッション④:

・日 時:2019年11月22日(金) 13:30~17:00
・会場:アイビーホール(東京・表参道)
・講師:株式会社セプテーニ・ホールディングス 代表取締役 グループ上席執行役員 上野 勇氏

『セプテーニにおけるHRテクノロジーを活用した合理的な”採用””適応””育成”の取り組み』
・HRテクノロジー活用のきっかけとこれまでの段階別の取り組みについて
・採用フェーズにおける活用(業績・定着率・入社意向予測)
・新人の適応促進への活用(配属マッチング、チーム・仕事への適応プランの提示、適応評価)
・育成フェーズへの活用(データに基づく合理的異動判断と個別最適化されたプログラムの提供)
・新たな取り組みと課題

セッション⑤:

・日 時:2019年12月13日(金) 13:30~17:00
・会場:アイビーホール(東京・表参道)
・講師:株式会社アマダホールディングス 人事部 副部長(中小企業診断士)斉藤 信氏

『アマダホールディングスにおけるAIを活用した循環型採用への改革の取り組み』
・AIを活用した採用改革に至るきっかけ
・AIマーケティングとAI採用の具体的な内容について
・足で稼ぐ採用から手で稼ぐ採用への変化について
・母集団形成と採用活動へのインパクトについて
・新たな取り組みと課題

セッション⑥:

・日 時:2020年1月24日(金) 13:30~17:00
・会場:アイビーホール(東京・表参道)
・講師:慶應義塾大學 大学院経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏

『デジタルHR実行プラン プレゼンテーション』
・受講生からの成果発表
・修了証授与式
・本講座の総括

第1期(前期)御参加企業※お役職はご登録時に基づいております。第1期は一部、単回参加者が含まれます。

オリンパス㈱人事本部グローバル人事部グローバル人事戦略グループ企画チーム/日本特殊陶業㈱経営戦略本部戦略人事部 人財開発課採用グループ /マルホ㈱ 人事部人事企画グループ /日立キャピタル㈱人材本部人材企画部人財企画グループ /ヒューマンリンク㈱ 企画・管理部 部長 /日産自動車㈱企画人事部 /㈱ロッテ 人事本部人事部人事企画課 主査 /日本板硝子㈱ 執行役員人事部アジア統括部長兼グローバル人事特命担当部長 /森永乳業㈱ 人財部人財課アシスタントマネージャー /日本精工㈱HR本部 コーポレート人事室課長 /㈱三井住友銀行 人事部情報統括グループ 部長代理/日清食品ホールディングス㈱ 人事部人材開発室 主任/ブラザー工業㈱ マーケティング企画センター営業・マーケティング推進部 マーケットインテリジェンスグループプロジェクト・マネジャー /サトーホールディングス㈱人財開発部HRBPグループ グループ長/帝人㈱ 人事部 採用グループ /メットライフ生命保険㈱人事業務部 /ヤマハ㈱ 人事部人事グループ主幹/日本放送協会 人事局人事計画グループ

参加要領および参加費

留意事項

・お申込み者は事業会社ご所属の方に限定させていただきます。(参加者が営業対象となる業種・職種の方はご参加をお断りさせていただきます。ご了承下さい。)
・セッションごとの単回受講はお受け致しかねます。ご了承下さい。

ご参加パターン

以下AまたはBのご参加パターンのいずれをご希望されるか、正式お申し込みの際に必ずお知らせください。
Aコース:原則的に同じ方が全6回出席し、『デジタルHRプロデューサー®養成講座』修了証の獲得を目指す。
Bコース:2名程度で交代で全6回出席し、組織内、部署内での本トピックの知見の拡大・共有を目指す。(修了証の交付はなし。グループワークの内容はご参加メンバー同士で引き継ぎ・共有をお願い致します。)

体験参加

第1回例会は、会合の雰囲気など実際にご覧いただくために、前向きに入会ご検討中の方を前提に体験参加を承っております。ご希望の方は、お申込書の体験参加の欄をチェックの上、メールもしくはホームページにてお申し込み下さい。(アドレスは下欄をご参照下さい。)
※ご講演部分のみの体験参加はお断りさせていただく場合があります。予めご了承下さい。

申込方法

下記申込ボタンからお申込みいただくか、必要事項をご記入の上、下記担当(市川)宛て
Eメールにてお申し込みください。

申込先

 

第2期
参加申込フォーム

■E-mailでお申込みの場合は、以下項目を下記宛にご連絡をお願い申し上げます。

①御社名 ②所在地 ③参加者お名前(ふりがな) ④ご所属・お役職 ⑤E-mail  ⑥℡ ⑦FAX

一般社団法人企業研究会  担当:市川
〒102‐0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル2F
TEL:080-1393-5595
FAX:03-5215-0951
E-mail:c-ichikawa@bri.or.jp

*ご不明点など、お気軽にお問い合わせください。
*お問い合わせは①メール②携帯電話の順でお願い致します。

参加費
※2020年1月終了の為、税率を10%表記としておりますが、当初は8%の金額で請求書を発行致します。(追って増税後に別途追加対応をさせていただきます。あらかじめご了承下さい。)

当会正会員 242,000円(本体220,000円)
一   般 275,000円(本体250,000円)


※参加パターンAを選択された方には、全セッション終了後に修了証を発行致しますので、原則登録者ご本人にご出席いただきたく存じますが、やむを得ない場合、他の方に代理出席いただけます。
※やむを得ずどなたもご出席いただけない場合は、後日例会当日の資料をお送りさせていただきます。
※分割請求(月割・2分割、3分割等)やお支払い時期の御相談についても承りますので、お気軽に御相談下さい。