塾・ビジネススクール一覧

総合案内2017年度版

2017総合案内パンフレット
← pdfパンフレットはこちらから

 

1.経営トップ・役員養成

人間力養成塾
BRI経営塾
事業企画幹部研究交流会議
イノベーターシップ養成プログラム

2.経営戦略・企画

経営革新・構造改革推進コース
M&A戦略と実践力養成プログラム
ビジネスモデル・イノベーション研究フォーラム
高収益企業の成長戦略研究会

3.技術マネジメント

技術経営塾
開発塾
知財塾
商品開発基礎講座
技術マネジメント実践塾
企業経営に資するための知的財産の戦略的管理
R&Dマネジメント力養成プログラム

4.人材マネジメント

労働法の「重要ポイント」を徹底解説・指導
人材育成のグランドデザイン

5.コーポレートコミュニケーション

社内広報担当者交流会議
顧客理解を深めるVOC(顧客の声)フォーラム
実践的CSR・CSVコース

6.経営管理(経理財務、法務、監査、IT等)

グローバル・ビジネスリスクマネジメントコ-ス
経営管理戦略実務講座
内部監査実務マスター・コース(旧:経営監査塾)
実践的リスクマネジメントコース
次世代法務リーダー養成講座
変容を迫られるIT監査と多層的モニタリングの具体的進め方
実践グローバル財務塾
法務マネジャーのための最新法務実務

「塾・ビジネススクール」とは

「塾・ビジネススクール」ってどんなところ?

実務に役立つ経営を学ぶ
実務経験者はじめ第一線で活躍の講師より、具体的な事例を交えて、実務に役立つ経営の本質と実践を、仲間とともに学ぶ「場」です。

実践できるやり方を学ぶ
経営の知識を、実務にどのように役立てるか、遂行する上でどのような障害があって、それを乗り越えるためにはどうすればいいのかということを、現場で実際に苦労し実践した方から学びます。

仲間作りができます
各企業から選ばれた、同じ志を持つ意識の高い方々と、ともに悩みながら、会社を越えて相談し合えるような仲間作りができます。

事業価値創造にチャレンジ
当塾・ビジネススクールで学んだことを、実際に現場で起こっている課題解決に役立てて、新しい事業価値の創造に是非チャレンジしてください。

image

どんな活動をしているの?

体系的に学ぶ
当会の特色「学び合い活かし合う」ことは「異業種研究交流会」と共通しますが、最初から全体のカリキュラムが決まっていて、経営の本質や実践スキルを体系的に学べるのが特徴です。

ご卒業と修了証
学校形式で、毎期指折りの方々にご受講・ご卒業いただいております(会合により、一定の要件を満たした方には修了証を発行いたします)。

基本から応用まで
学識豊かな研究者、知識豊富な専門家、また、実務経験のある指導陣から、基本から応用、経営の最新研究成果からケーススタディーまで、経営の本質と実践を学びます。さらに、実務家のゲスト講演と議論から、様々な事例を学び、自社の成長に活かします。

合宿での徹底討議
合宿を通じて、受講生同士が問題提起し合い、日頃の疑問を徹底討議します。

宿題・卒業課題
適時適度な宿題に向き合い、自社の現状と課題を整理・発表することにより、課題解決につなげます。また、プログラムの最後を締めくくる課題提出により、自身のこれからの仕事への想いや自社への提言を残します。
(*プログラムにより、合宿や課題提出を行わない会合もございます。)

活動経緯と3つの重点項目

image昭和58年4月、当会創立35周年を期して、固有の研究成果と長年にわたる人材育成の実績を総合して、BRIビジネススクール(現「塾・ビジネススクール事業」)を開設致しました。
広範にわたる各種講座を開講し、年間延べ800名の人材養成にご利用いただいております。
以下3つの重点項目を掲げ、各社のマネジメント教育からスペシャリスト教育に至るまで、全般にわたり幅広いプログラムを提供しております。

第一は、「上級経営管理者向け」の特別研修で、激変する経営環境に対応しうる経営者・幹部・リーダーレベルでの判断能力の育成を目指し、戦略的思考の養成・練磨を行います。
第二は、経営の「各分野における専門教育」として、複雑化し高度化するスペシャリストのスキル向上について、質の高い教育・研修を推進しております。
第三は、「産業界・学会・研究機関との交流」を通じて、経営教育に関する研究の実施、教材の開発、研究者の相互交流を促進し、企業研修担当部門の方々に、その成果を共有いただいております。