«「BRIビジネス実務講座」テキストシリーズ»シリーズNo.2

「BRIビジネス実務講座」テキストシリーズは、企業研究会が開催する公開セミナー、実務講座、シンポジュウム等で使用・配布される「資料」「テキスト」「教材」を、そのままの形でプリント(簡易製本)サービスするものです。

装丁:A4判172頁/発刊:2008年9月16日
価格:5,250円(本体価格 5,000円)

INDEX

1.管理会計の考え方
2.原価について

   原価把握/変動費と固定費/製品原価の計算/製品受注の決定/業務的意思決定/原価計算のポイント、他

3.損益分岐点分析

   分析売上高の計算/変動費と固定費/損益分岐点の改善/安全余裕率、他

4.直接原価計算を利用した事業部評価

   組織形態/直接原価計算による事業部評価/事業部評価、他

5.企業をセグメント分析する

   セグメント別損益表と分析の実践/伝統的原価計算による損益計算書と直接原価計算による損益計算書、他

6.月次決算の進め方

   月次決算における会計処理の検討/経理業務早期化/月次検討会議の実施、他

7.キャッシュフローについて

   CF経営の実現/計算書の分析、作成・分析上の留意点/他社のCF計算書分析の留意点、他

8.経営分析の実践

   自社と他社、体系と具体的ポイント/収益性・効率性・安全性・成長性・生産性の分析、他

9.企業価値指標について

   売上高経常利益率から株主資本利益率へ/資本コスト/ROE/ROA/EVA/DCF
   /FCFによる企業価値算定、他

10.設備投資の意思決定

   設備投資意思決定の手法/正味現在価値法/内部利益率法/NPV法の留意事項/新規事業への適用、他

・補論:ABC(活動基準原価計算)とBSC(バランススコアカード)

››指導講師・テキスト作成

青山 恒夫氏(青山公認会計士事務所 代表)

横浜国立大学経営学部を卒業後、中央監査法人に入所。その後独立し青山公認会計士事務所を設立、会計システムの構築や見直し、会計とITを組み合わせて経営者の意思決定に役立つ仕組み作りを行うことを特異な業務分野とする。